動かないバイクを売りたい

あるお笑い芸人が出演しているバイク買い取りのCMは、なぜかとても記憶に残ります。

CMにどんな芸能人を起用するかによって、その商品のイメージというのは、強くその人に刻まれていくものだと思います。

私が感じるのは、2枚目で、カッコイイ俳優よりも、お笑い芸人のような3枚目的な人材のほうが、親しみはでると思います。

先日、職場の後輩がバイクを売りたいと考えているけれど、売りたいと思っているバイクは、エンジントラブルでエンジンが動かない、という話をしていました。

そんなCMの影響なのか、バイクを売るならバイク王というフレーズとテーマソングがずっと私の頭の中に流れています。

たしかバイク王のCMでは、眠っているバイク、動かないバイクでも買取OKと言っていました。

なんとなく聞き流していたものの、本当にそうなのだろうか?と確かに疑問ですね。

ちょうど職場にバイクに詳しい人がいたので訪ねてみたら、動かないバイクでも、十分買取はできる、ということでした。

というのも、たとえばエンジンを修理して動くようにして再販したり、また部品やパーツなども十分価値がある、ということでした。

ただ、バイク買取では、評価によりランクがつけられるので、状態が悪ければ買取額は低くなるのは覚悟しておいたほうがいい、ということでした。

バイク王のCMでやっている、眠っているバイクでも買取OKというのは、本当のことだったのですね。

さっそく後輩はバイク王のサイト(http://www.info-harley.jp/)で自分が載っているバイクの参考になる査定額をチェックしていました。